歯科医院開業

歯科医院は【駐車場を変える】だけで患者数が増える!?

 

成功する歯科医院づくりには様々なテクニックがあります。

そして、成功する=≪勝てる歯科医院≫を作り上げていく必要があります。

 

開業地が決まり、いよいよ内装決め。

「お客様のために待合室のスペースは広く使おう!」

「処置室も様々な医療機器が入ることを想定し広々と」

など、お客様のことを第一に考え進めていくかと思います。

 

しかし、大切なのは内装だけではありません。

歯科医院開業にあたり、「第二の医院」と言われる場所があります。

 

それは…

「駐車場」です。

 

なぜ駐車場が「第二の医院」と言われるのでしょうか。

 

住宅地や郊外の交通手段は車を使用する方が多く、

ご自身の通院以外にも、ご家族の診察を希望する場合には、近くても車で来院する事になります。小さなお子様がいるお客様は、お子様の乗り降りに広く場所を取ります。

隣に駐車してある車にドアが当たってしまったらどうしよう…。など不便を感じてしまう方も多くいらっしゃいます。

また、高級車に乗った患者さんが来た時、隣ギリギリに車が止まっていると不快感を感じてしまいますし、高級車の隣に駐車するお客様も不安を感じます。

こうした経験はストレスとなり、通院の負担にもなるため、別のクリニックにかかりつけを変えてしまうことも考えられます。

 

院内は気に入ってもらえたのに「あの歯科医院は駐車場が停めにくいから不便」と思われてしまうのはとても残念だと思いませんか?

 

では、歯科医院を建設するにあたり「第二の医院」と呼ばれる駐車場はどのくらいのスペースが必要なのでしょうか?

 

ここで最も大事なのは、駐車場全体のスペースではなく「1台あたりの駐車スペースを広げる」ことです。

一般的な駐車場は1台あたり2.4~2.5メートルとされていますが、歯科医院開業にあたり理想の駐車幅は「2.9メートル」です。

 

商業スペースのように駐車台数を確保するのではなく、1台あたりのスペースに余裕を生むことを意識し、計画を立ててみてください。

 

いかがでしたか?

内装や設備を整えるだけではなく、来院する患者様に負担のないよう動線を組むことが大切です。

このように、株式会社シバタホームズでは歯科医院の新規開業、リニューアルにおける

≪勝てる歯科医院づくり≫のご提案をさせていただいております。

ご希望に沿って、オンラインでのお打ち合わせも可能ですので、経験豊富な株式会社シバタホームズに是非一度お問い合わせください。

 

『首都圏エリアのデンタルクリニックのデザイン設計・施工』

https://start-dental.com/

 

『株式会社シバタホームズ』

https://www.shibata-homes.co.jp/

 

TEL: 048-441-4829

MAIL: dental@shibata-homes.co.jp